車売るにはどんな書類が必要?

車を売るときには、以下の書類をそろえておくことが必須です。
査定申し込み時の最初の段階で、車両情報をインプットしないといけないですから、車買取依頼の検討を始めたら、先ずは、車検証のコピーを手元に準備しておきましょう!

自動車検査証(車検証)

自動車の所有者や仕様を証明するもので、売却時には必ず必要です。道路運送車両法では自動車の中に常に保管しておくことが義務付けられています。
通常、助手席前のグローブボックスに車検証を入れます。

自動車税納税証明書

自動車税を納めた時にもらう証明書です。もし自動車税を納めていない場合は、納めるまで自動車の売却は出来ません。
もし紛失したのならば、普通車は都道府県の税事務所、軽自動車は市町村役所で再発行してもらえます。

自賠責保険証

自賠責保険の期限切れになっていると、自動車を売却出来ません(名義変更出来ない)。
通常は車検証と一緒に保管します。

保険証を万が一紛失してしまった場合は保険会社に相談しましょう。
通常、任意保険の保険会社が自賠責保険も把握していずはずです。
もし分からない場合は車を購入したディーラー等に聞いてみましょう。

実印

普通自動車の場合は必須です。軽自動車の場合は認印で可です。あれば実印が必要になります。

  • 実印とは、市区町村で登録した印鑑
  • 認印とは、シャチハタ以外の印鑑

実印は、委任状と譲渡証明書に捺印するときに必要です。

委任状と譲渡証明書は、自動車の名義変更を車買取店に依頼する場合に必要です

名義人の印鑑登録証明書

実印が正式に登録されている印鑑(市町村)であることを証明する書類です。

約300円の手数料で即時発行されます。2部とりましょう。

期限があり、3か以内のものが有効です。
軽自動車には不要です。

もし印鑑登録証明書を紛失した場合には、現在のものを廃止し、新たな印鑑を登録する必要があります。

住所変更がある場合は、住民票の写しが必要です。

引越などで、印鑑登録証明書と各書類の住所が異なる場合に必要。
軽自動車は不要。

住民票は1通約300円で市町村の役場で取れます。

委任状・譲渡証明書

いずれも、売却先の買取店、ディーラー入手できます。

  • 委任状:車買取店等に名義変更などの手続きを代行するための書類
  • 譲渡証明書:自動車を譲渡する取り交わしを証明する書類。

いずれにも実印が必要となってきます。軽自動車の場合であれば認印で可。

自動車リサイクル券の預託証明書

自動車リサイクル券は、リサイクル法に従い、リサイクル料金を支払った証明です。

車検時に必要。

もしリサイクル券を紛失した場合

自動車リサイクルシステムのホームページから、リサイクル券とに相当する証明ができる「自動車リサイクル料金の預託状況」ページを印刷して、利用することが出来ます

「自動車リサイクル料金の預託状況」ページの表示の方法
  1. 自動車リサイクルシステムのリックをクリックします「リサイクル料金検索」(濃いオレンジのボタン)
  2. 車両情報を入力します
  3. 「照会結果」ページ下部の「料金表示」ボタンを押す
  4. 「自動車リサイクル料金の預託状況」ページが表示

スマホでは「料金表示」ボタンは表示されないです。

確認できる時間は、7:00~24:00

入力の前に車検証を準備しておくと、効率よく作業できます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする