車を高く売るコツ

車を高く売りたい

洗車をしておく

まずありきたりなのですが洗車というものが重要になります。

これは地味なのですけども、車買取会社が車を見たときにそのユーザーが車に対する愛着がどれほどあるのかというのを確かめためるために、大事な要素となります。

扱いが雑であったりすると、それは価格を下げる格好のネタとなってしまうからです。
減点要素となるためです。

「車に対する愛着も特にないわけだから、その車の相場観もおそらく知らないだろう!よーしふっかけてやろう!」そんなふうに考えても見たくなるものです。

実際には車内清掃をすれば通常の状態に戻せるものも、車内が汚れているというで低い価格をふっかけてくる可能性が高いです。

洗車と車内清掃については、そんなに難しく考える必要はありません。
例えば、ガソリンスタンドなどに持ち込めば、だったの3000円から5000円程度で車内清掃をきちんとやってもらえますから。
それだけで査定金額が10万~20万変わるとすると、やらない理由は無いですね!

自分の車の相場を把握しておく

続いて大切なのが自分の車の価値を知っておくということ。

これはいわゆる相場というものですが、買取相場を知っているか知らないかで車買取会社の印象が大きく変わるのです。

ユーザー心理からすると1円でも高く買い取って欲しいと思うがあまり法外な値段をふっかけるとこの人は全く相場を理解していないんだ完全な素人だなと思われてとんでもなく安い値段ふっかけられてしまいます。

全く相場も知らない素人だと思われたら完全にアウトです。とんでもない安値をふっかけられて終わりです。

おすすめは車買取査定会社が提供している相場をチェックして、マイナス5万円から10万円程度車両価格から引いた値段からスタートするのが良いと思います。

この値段を言うことで「おっー、こいつは素人ではないな」、と本気の交渉をしてくるでしょう。

売る気を見せること

もう一つは、売る気があるということを示すこと。単に査定金額を知りたいだけとかそういった場合には相手の交渉も滞ってしまいます。

業者はその対抗策として今日決めてくれたら特別価格を出しますよと言ってくるかもしれません。

これもきっぱりとお断りしてください。

なぜならこの時に車買取会社が提示した金額よりも少し上の価格を後から提示されるとやりにくいからです。そういった割り込みは邪魔者でしかありませんのでできるだけ早く即決させ買い取ってしまいたいというのが車買取会社の心理です。

また突然キャンペーンがあると言い出すこともあります。

今日決めてくれたらいくら下げますよ。そのようなタイミング良すぎるキャンペーンもいかにも怪しいと考えた方がいいです。これも先ほどの別業者からの割り込み防止の予防策と考えてよいでしょう。

要は一括査定に出しているので全ての会社を比較して決めたいのですという意思表示をはっきりとしましょう

一通り価格が出揃ったところで、一番高い金額に対して他の会社はそれ以上の金額が出せないかどうかを各社電話して確認してみると良いでしょう。

それ以上出なかった場合は最初に出した最高金額の所に決定すれば良いことになります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする